男性が抱えるムダ毛の悩みも脱毛で解決

ムダ毛で悩んでいるのは女性だけではありません。男性の中にはムダ毛が濃くて量が多いことがコンプレックスに感じている人もいます。朝シェービングしても夕方には生えてきて顎が青っぽく見えて印象が悪く悩む人もおり、その悩みを解決するため今シェービングよりもメンズ脱毛に注目が集まっています。

自己処理と脱毛施術したときの肌の負担の違い

自己処理をしたときの肌

自己処理とは、シェービングや毛抜きを使用して処理をする事が一般出来ですが、毛抜きでムダ毛を無理に抜くことで毛穴に雑菌が入り込んで炎症が起こってしまう可能性があります。シェービングは肌表面を削ってしまいひりひり感や炎症の原因になります。

脱毛施術した時の肌

エステサロンで行われている脱毛は光を当てる脱毛ですが、肌への負担が軽く痛みも感じにくく自然にムダ毛が抜け落ちていきます。ただし、肌が乾燥していたりVIOなどのデリケートゾーンの場合は痛みを感じやすくなったりします。特に乾燥には十分気を付けましょう。

メンズ脱毛サロンで行っている光脱毛とは

光脱毛とは複数の波長が出ている光を肌に当てます。この光を肌へ当てることでムダ毛の成長が止まります。後は1~2週間かけてムダ毛は自然に抜け落ちます。光を当てたその日にムダ毛が抜け落ちるのではなく、ゆっくり抜ける為肌への負担が軽い脱毛方法と言われています。

サロンでの脱毛施術の流れ

髭を触る男性

脱毛をする前にやること

脱毛をする前日にやることは、まず今生えている長いムダ毛を短くする必要があります。シェービングでは肌に負担がかかってしまうため、この場合は電機シェーバーを使用しましょう。電気シェーバーは通常のシェーバーよりも肌に優しいので、処理後もひりひりしにくいです。

施術前の確認事項

脱毛をする前は、まず薬を服用していないか・日焼けをしていないか・肌が乾燥していないかなど様々な項目をチェックします。これらは施術中や施術後に肌トラブルが起こることを防ぐためにです。特に薬の中には光に反応し火傷を起こす可能性があるため、服用したら必ず申告します。

脱毛を開始する

エステティシャンが肌を確認し、特に問題がなければ脱毛を行います。施術中はまぶしくない様に光を遮断する眼鏡をかけます。ほとんどの人は特に痛みがありませんが、VIOは輪ゴムを弾いたような軽い痛みが現れることがあります。施術が終わったらしっかり保湿をしましょう。

慣れてない脱毛施術だからこそメンズ脱毛のルールを知ろう

髭を剃る男性

脱毛当日は注意点を守って準備しよう

脱毛当日、過度の運動やサウナ、飲酒などは控えるようエステティシャンから説明を受けます。なぜ過度の運動や飲酒にサウナはいけないのか、これらに共通することは血行を促進してしまう行為です。脱毛をした当日は肌が敏感になっており、血行を促進させるような行為を行うと炎症やかゆみの原因になってしまいます。肌も乾燥状態でかゆみを感じやすくなるので、脱毛当日は保湿をしっかりと行い、血行を促進させる飲酒やサウナに運動は控えましょう。入浴も控えシャワーだけにし、ひりひり感があれば冷やすようにするといいでしょう。